Monthly Archives: January 2017

くびれと骨盤

くびれを作るためにはとにかく痩せればいいと思っている人も多いですが、実はそうではなく、骨盤の大きさが重要だと言われています。 というのは、ウエストとヒップの差があるほどくびれがハッキリとできますから、くびれを作るには細いウエストかつ幅広いヒップの両方を備える必要があるのです。 それゆえ、骨盤の幅が狭い人はくびれができにくいと言えるでしょう。 すると、骨盤の幅が狭い人はどうしようもないように思えますが、そんなことはありません。 骨盤を広げてしまう姿勢に女の子座りと呼ばれる姿勢がありますが、日常的にこの姿勢をしていると確かに骨盤は横に幅広くなっていきます。しかし、この姿勢は悪い姿勢とも言われているもので、骨盤をゆがめてしまう可能性が高いために、いくらくびれを作るためとは言っても良くありません。むしろ、脂肪がつきやすい体質を作るもとになってしまい、かえってくびれが作りにくくなるのです。 骨盤が開くと下半身太りやむくみ、O脚やX脚などの原因になることがあります。 O脚やX脚は。太ももやスネの筋肉が発達して太くなり、外側に張り出していき、脚のゆがみなどの原因にもなります。 骨盤が狭くて小さい人でも、ウエストをしっかり絞り込んでいくことでくびれは作れます。そもそもウエスト部分には背骨しか骨はありませんから、脂肪さえしっかり落とすことができればくびれを作ることは可能なのです。王道の食事制限や有酸素運動によるダイエットを頑張りましょう。 また、コルセットで締めるという方法も有効です。 一度試してみてはいかがでしょうか。

授乳後のバストアップに脂肪注入

授乳後の女性のひとつの悩みとして挙げられるのが、授乳のためにバストが大きくなったために急に垂れたり、その後しぼんでしまったりすること。この問題の解決のために、どのような治療が行われているのでしょうか。 こうした授乳後にバストがしぼむ原因として考えられるのは、授乳中に乳腺が発達していたのですが、それが委縮してしまってそれに伴い周囲の脂肪もしぼんでいくということです。胸のふくらみを作っているのは脂肪ですが、その本来の役割は、乳腺を守るためであり、役割を終えるとしぼんでしまうようにできています。 とはいえ、しっかりとした形態は美しさを保つために重要なことです。それで解決策として用いられて意rうのが脂肪注入によるバストアップ方法です。授乳後は、バストを出産前の張りがある自然な状態に戻したいという人がほとんどで、過度なバストアップや不自然な見た目・触感になるようなシリコンバックによる豊胸は避けられることがほとんどです。自然な仕上がりが期待できる脂肪注入が支持される理由がここにあります。 バストを自然かつきれいな形にするコツは、この脂肪注入をデコルテに行うことです。バスとの直接的なリフトアップではありませんが、デコルテに脂肪注入を行うことで全体の形とボリュームが改善されます。出産・授乳後はデコルテの脂肪が落ちてあばら骨が透けて見える症状も少なくなく、デコルテへ脂肪注入を行ってボリュームアップすると改善されるケースが多いです。 バストアップといえば、カップの大きさばかりで考えられがちですが、大事なのは見た目であり、このデコルテのボリュームが足りない場合は、大きな脂肪が下の部分に溜まってしまって寄せても上げてもきれいな谷間になりません。 おすすめサイト⇒エイジングケアサプリまとめ